図書館経由、スーパーマーケット

図書館経由、スーパーマーケット

今日はベビーカーを押して近所のスーパーへ買い物に出かけました。

お目当ては30%引きの商品。なんか、夏休み特別セールのようなことをやっていて、今日までチラシに載っている商品が安く買えるんです。

まあ、とはいえ特別なものを買うわけじゃなく、牛乳やミートボールですけどね。それでも食費のことを考えると、少しでも安いほうがいいというわけです。

途中、はじめて子どもと一緒に図書館に寄りました。

まだ本を読める年齢ではないですが、私も妻も本好きということもあって、早くから図書館に慣らしておこうというわけです。

図書館に到着すると、妻は早速トイレのチェック。

オムツ替えができるスペースがあるかどうかは、赤ちゃんを連れて歩く身としては重要なんです。私一人ではそこまで気が回らなかったでしょうね。さすが我が妻です。

トイレにはきちんとオムツ替え用のベッドがあったので一安心。

しかし、ちょっと待てよ。ベッドは女性用のトイレにだけあったみたいです。それなら、お父さんが一人で赤ちゃん連れてきたときは、どこでオムツを替えればいいんだろう。

公共施設も少しずつ子連れのための設備が充実してきていますが、まだまだ漏れているところがありますよね。せめて、「誰でもトイレ」のほうに置いてくれればお父さんも使えるのに。

図書館に要望メールを出しておこうかな。

図書館を小1時間ほどグルグルとまわったあと、目的のスーパーへと向かいました。

しかし、歩いている途中で赤ちゃんがギャン泣き。どうも、アスファルトのガタガタする振動がお気に召さないようです。

最新のベビーカーは振動を吸収する機能がついてるみたいですね。この前までは確か、アスファルトからの照り返しを避けるために銅版かなにかが底についたベビーカーが流行ってましたよね。

メーカー側もリサーチして、次々と新しい切り口をみつけてくるもんです。ちなみにうちのベビーカーはごくごく普通のA・B共用のベビーカーです。

グズグズしていたチビちゃんもスーパーにつく頃にはグッスリおやすみ。

お目当ての買い物をして、無事に帰路につきました。

子どもができて数ヶ月ですが、なんか、こういう何気ない週末に家族が出来たという実感がわきます。これからがもっと大変なんでしょうが、楽しみのほうが数倍大きいですね。

うん、これからが楽しみです。

新たな甘味料たち

甘い物というとたくさんありますが、やはり一番最初に頭に浮かぶのは、

全ての甘味料の始まりとも言える砂糖ですよね。

この場合の砂糖と言えば上白糖という存在を指します。砂糖という存在は他にもいますが、

甘みや味の違いで言っても基準となるのは上白糖で、黒砂糖などは基準にはなってません。

それほど上白糖という存在は大きなものです。

しかし、上白糖の過剰摂取は肥満などを初めとした生活習慣病に繋がる為、

常日頃甘い物を愛好している方にとっては悩ましいところです。

黒砂糖はわずかに体に良いのですが、味もあってかなかなか満足しない方もいらっしゃいます。

なのでそうした甘味を代用する存在は常に研究されていて、いくつかの物は随分と浸透しています。

まずはやはりオリゴ糖でしょうか。

オリゴ糖と言えばヨーグルトなどに良く聞く甘味料で、オリゴ糖というくらいだから砂糖なのですが、

このオリゴ糖、血糖値などの面で見たら、かなり緩やかに体に作用しているのです。

しかも体に良いなら黒砂糖のように味などで問題があるかと言うと、砂糖とそこまで変わらず、

砂糖と同量で比べてみた場合、甘味の強さもほとんど変わらないのです。

上白糖も摂取量を気をつければ大丈夫でしょうが、甘党の方なら過度の摂取制限は辛いですよね。

そんな方には早い段階から取り入れてもらえれば良さそうです。

次にソルビトールという甘味料が良く聞かれると思います。

これはかなり特殊な甘味料で、化粧品などにも使われいる存在です。

液状や粉状の物がありますが、食品に使われる物は液体が多いと思います。

これも血糖値面でかなり優しくなっていますが、こちらは砂糖に比べて同量を摂取した場合、

甘味の強さでかなり劣る存在となっています。

なので食品に使われる場合は上白糖と一緒に使う事も多いです。

なので、ソルビトールを使う場合に上白糖と同じ甘さを得ようとすると、結果として栄養価の面で同レベルにまで摂取してしまう事になりかねません。

あまり一般家庭には馴染みが無い存在ですが、取り扱う事があれば注意したいですね。

かく言う私も甘い物が好きなので少々血糖値が心配な年齢になってきていますが、

出来るだけ普通の砂糖で事足りるように摂取量を気を付けています。

何事も適量を守る事が第一なので、甘い物をいつまでも食べられるように、常日頃から気を付けていきたいですね。